q-space imagingを用いた筋骨格組織の微細な変化の評価

研究代表者:世良泰

MRI撮影方法の1つであるq-space imaging(qsi)は従来の撮影方法とは異なり、細胞など生体内の詳細な構造を撮影することができます。

このqsiを用いて、筋細胞の大きさを見分け、速筋と遅筋を非侵襲的に判別する手法を確立しました。

様々な競技による違いや成長に伴う変化について比較し、実用化を目指しています。

現在は競技種目ごとの横断研究及び小中学生の変化を縦断的に観察し評価を行っています。

研究代表者:世良泰
連絡先:sera@keio.jp