研 究Research

当センターでは、スポーツ選手の競技力向上・強化・障害予防・治療や、一般の方々の健康維持・増進、疾患の予防・治療など、さまざまな分野で大きな成果をあげています。ここではスタッフによる研究・活動の一端をご紹介します。


心臓自律神経反射機能のフィットネスへの応用 心臓自律神経反射機能(有機的な交感神経系ならびに副交感神経系の調節)は、日常活動時の心機能の調整に関与するほか、様々な心疾患においてその発生、病態、治療、予後に密接に関係しています1。 特に、生命に直接影響を及ぼす心室頻拍や心室細動をはじめとした多くの不整脈は、心臓自律神経反射機能と強い関連があることが報告されています。そのため、心臓自律神経反射機能に注目した、心疾患に対する治療法の開発は喫緊の課題となっています。 脳卒中や心筋梗塞などの脳心血管イベントを予防するためには、早期診断に加え、適切な栄養や運動などを行うことが重要となります。 ACC/AHA (米国心臓病学会/米国循環器学会)「心血管疾患リスク低減のための生活習慣マネジメントのガイドライン」では、血清コレステロールおよび血圧を低下させるために、有酸素運動を40分間、週3-4回実施することを推奨しています。 また、脳心疾患に対する有酸素運動療法はその有効性が多く報告されています2。しかし、医療機関以外で有酸素運動 (自宅やジムなどでの運動) を行う際は、脈拍数、エルゴメーターの負荷量、ボルグスケール*3などを指標としますが、予想外に弱いまたは強い運動を行っている可能性があります。 そこで、我々は、心臓自律神経反射機能のモニタリングにより、個々人の日々の体調に合わせ、有酸素運動限界をリアルタイムに知らせながら運動をすることを可能とするシステムの開発を行っております。そのために、現在、慶應義塾大学医学部、循環器内科と共同で以下の臨床研究を行っております。 *1:J Electrocardiol. 1992 Apr;25(2):79-88., J Am Coll Cardiol. 1996 Mar 15;27(4):847-52.*2: 2009;301(14):1451, JACC 2012;60:1521-*3:運動したときの感覚(つらさ)を、数字と簡単な言葉で表現したもの 研究代表者:勝俣良紀所属:慶應義塾大学循環器内科助教、スポーツ医学総合センター循環器担当専門:内科・循環器内科・不整脈・心臓リハビリテーション連絡先:goodcentury21@keio.jp 関連資料 運動中の非侵襲的心臓自律神経活動評価法の検証研究に対するご協力のお願いダウンロード 心血管疾患の検査のため当院に入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究に対するご協力のお願いダウンロード


スポーツを行うことは、身体の発育・体力の向上など多くのよい影響がある一方で、ケガ(スポーツ外傷・障害)のリスクも高まります。 その中で特に、最も深刻かつ頻度が多いケガが、前十字靭帯(ACL)損傷です。ACL損傷は、スポーツ復帰までに半年以上かかるため、パフォーマンスへの影響が大きいだけでなく、将来の膝の病気(変形性膝関節症)を患うリスクが高まり、競技引退後の健康状態にも影響があります。 ACL損傷は男性よりも女性に多く、特に思春期以降顕著になることから、着地などの際の女性アスリート特有の体の使い方・動かし方(バイオメカニクス)が注目されています。 そこでACL損傷など足のケガのリスクを低減するために、スポーツ競技別に最適と思われる運動プログラムを、現在の運動に加えて行っていただき、着地動作など(下肢バイオメカニクス)の改善がみられるかを検証することが本研究の目的です。 研究代表者:マチニク アレクサンドラ(訪問研究員) 連絡先:alex.macznik@gmail.com 関連資料


アスリートのメンタルヘルスについて、アスリートは一般人口に比してうつなどの精神症状を有する可能性が低いという仮説が提唱されています。 一方で、アスリートには特有のストレス、すなわち、過度なトレーニングや勝利へのプレッシャー、怪我、セカンドキャリアへの不安等が付加されるため精神的ストレスを抱えやすいという指摘もあります。 つまり、アスリートのメンタルヘルスに対する予防・早期介入への需要をより明確にするために、①アスリートがどの程度心理的支援を実際に求めているか、②支援を求めるために必要なコミュニケーション能力や社会的スキルがどの程度であるか、の2点が重要と考えました。 本研究では学生選手に心理検査へ回答していただくことで、コミュニケーション能力や社会的スキルの評価、心理的支援要請度の評価、回答時のうつ・不安等の精神症状を有する割合を調査する予定です。 研究代表者:山口 達也(訪問研究員)連絡先:tatsuyamaguchi@keio.jp 関連資料


スポーツ選手の前十字靭帯再建術後の競技復帰について、主観的および客観的身体症状についての評価は良く行われています。 一方、競技復帰に関する心理的要因や精神症状の元となるような本人の性格特性やストレス対処能力、それに関係した競技心理特性を評価・検討している研究は少ないです。 性格検査を用いて、再建術後の競技復帰との関連を検討することで術前心理的介入の必要性について検討する研究の予備的研究になるのではないかと考えています 研究代表者:山口 達也(訪問研究員)連絡先:tatsuyamaguchi@keio.jp 関連資料


現在,スポーツ界において,数多くのサプリメントが使用されていますが,実際のところ,通常の食事がしっかりと摂れている場合には,栄養の観点からはサプリメントの摂取は不要であり,またスポーツパフォーマンスにおけるサプリメントの効果のエビデンスは様々です. 一方で,サプリメント摂取による健康被害や,ラベルに記載のないドーピング禁止物質のサプリメントへのコンタミネーションによるアンチ・ドーピング違反規則違反の事例も増えてきていますが,現時点で日本のスポーツ界におけるサプリメント使用状況 については十分な調査はされていません. 本研究では,日本陸上競技連盟医事委員会と共同で,日本のエリート陸上選手におけるサプリメントの使用状況について調査をしています(https://www.jaaf.or.jp/about/resist/medical/). サプリメントの使用率や使用数,使用されているサプリメント成分の内訳などに関して,男女での違い,年代・競技レベルによる違い,種目による違いなどを調査しています. 研究代表者:田畑尚吾連絡先:03-3353-1211 (内線62183)


妊娠中の身体活動・運動には,心肺機能の維持や向上,腰痛の軽減,過剰な体重増加を予防する効果などがあることが知られており,米国産婦人科学会は,健康な妊婦に対して,1日あたり20-30分間以上の中強度運動を,できれば毎日実施することを推奨しています. “妊娠糖尿病”は,母体・胎児への様々な合併症をもたらす周産期合併症の一つですが,妊婦前及び妊娠後の身体活動・運動が妊娠糖尿病の発症や妊娠期耐糖能へ与える影響に関しては,現時点で一定の見解が得られていません. 本研究では,妊婦さんを対象に,質問紙(日本語版 Pregnancy Physical Activity Questionnaire;PPAQ-J)を用いて身体活動量を評価し,妊娠に伴う身体活動量の変化や,妊娠前後の身体活動量が妊娠中の耐糖能指標(血糖値,HbA1c,GA,50gブドウ糖負荷試験)に与える影響について調査しています. 研究代表者:田畑尚吾連絡先:03-3353-1211 (内線62183)


競技選手がそのスポーツ活動を通して身につけるライフスキルについて、大学体育会レベルのテニス選手を対象に様々な角度から明らかにする研究。 潜在クラス分析を用いた選手の分類や、大学時代トップレベルだった選手9名に対するインタビューデータからの質的分析によって、技術、体力以外の要因が選手のパフォーマンスや人間的成長にどう結びつくかを明らかにすることを目的としている。 研究内容は以下の3つの論文にまとめられている。 1) 野沢絵梨, 大谷俊郎. 集団凝集性とライフスキルから見る大学テニス部員の類型化―潜在クラス分析によるアプローチ. コーチング学研究. 2019; 32(2): 159-169. 2) 野沢絵梨, 大谷俊郎. 大学トップクラスのテニス選手がチームでの活動を通じて獲得 したライフスキル―対人スキルに着目して. スポーツ産業学研究. 2019; 29(4): 253-268.(2019 年度日本スポーツ産業学会奨励賞 受賞) 3) 野沢絵梨, 大谷俊郎. 大学トップクラスのテニス選手が獲得したライフスキル―個人的スキルに着目して. スポーツパフォーマンス研究. 2020; 12: 32-45. 研究代表者:野沢絵梨(健康マネジメント研究科博士課程) 連絡先:eri.nozawa@gmail.com


アスリートやスポーツ愛好家にとってスポーツ外傷・障害はパフォーマンスを低下させ、重症な場合にはスポーツの継続を難しくしています。 野球における球数制限などスポーツ外傷・障害を予防するために様々な施策が行われていますが、確立された方法は未だになく治療に苦しんでいる例は少なくありません。 また生活習慣病患者の方などに対して「1日1万歩」などの有酸素運動が推奨されており、運動不足は死に関係する要因の第3位となっていることから、生活習慣病等の内科的疾患の予防に運動は重要と言われています。 しかし有酸素運動の健康効果は日常生活活動レベルを超える運動強度が必要なため、高齢者では筋力不足により運動強度が足りていないことも少なくありません。 このように、運動は老若男女問わず必要不可欠なものですが、実際の現場で予防のための指導や運動方法の提供を実践する上では、未だに明らかになっていないことが多い状況です。 私たちはこれまでの診療やメディカルチェックの結果から、スポーツ競技や生活に大きく影響するスポーツ外傷・障害、生活習慣病等の予防因子を明らかにするために研究を行っています。 研究代表者:世良泰連絡先:sera@keio.jp


再断裂を防ぐリハプログラム 手術を受けたアスリートに対するリハビリテーションの使命は,安全かつ可及的速やかに,受傷前と同等もしくはそれ以上のパフォーマンスをもって,スポーツ復帰を達成させることです。 当センターでは,科学的根拠に基づいたプログラムを作成するとともに,運動学,運動力学および神経生理学的側面から様々な動作を解析し,より効果的なリハビリテーションを提供できるよう研究しています。 これまでに,たとえば,「両脚で軽いジャンプをした際の,患側と健側の動作比較」を解析しました。その結果,術後8か月経過して十分な筋力回復を達成し,ほぼ全力で走れる患者でも,踏切の力や筋肉の活動量に患健差があることが分かりました。 この結果から単脚の運動機能を最大限回復/向上させることは当然のこととして,動作の中でいかに上手く患側を使うことができるか,評価し指導することが重要であると考えています。 今井覚志,小宮山一樹,大谷俊郎,松本秀男:膝前十字靭帯再建術後患者の両脚ジャンプ踏み切り動作の非対称性.日本臨床スポーツ医学会誌 18(2):335-342,2010 スポーツ復帰を達成するためには,大腿四頭筋の筋力回復が重要であることは間違いありません。しかしながら,焦点を「受傷前と比べてどの程度のパフォーマンスで復帰できるか」とした場合,四頭筋の回復率との相関は認められません。 痛み,バランス,関節不安定性など様々な要因が検討されていますが,我々は今後も運動機能の要因について研究し,安全で効果的なリハビリテーションプログラムを更新していく予定です。


MRI撮影方法の1つであるq-space imaging(qsi)は従来の撮影方法とは異なり、細胞など生体内の詳細な構造を撮影することができます。 このqsiを用いて、筋細胞の大きさを見分け、速筋と遅筋を非侵襲的に判別する手法を確立しました。 様々な競技による違いや成長に伴う変化について比較し、実用化を目指しています。 現在は競技種目ごとの横断研究及び小中学生の変化を縦断的に観察し評価を行っています。 研究代表者:世良泰連絡先:sera@keio.jp


近年多血小板血漿を用いた治療法が様々な領域で応用され、整形外科領域でも腱障害などに対して有効性が報告されています。しかしその作製方法は多岐に渡り、一定のプロトコールは示されていません。 当大学臨床研究推進センターにおいては、脂肪幹細胞から大量の均質な血小板の作製に成功しています。脂肪幹細胞由来の血小板は、末梢血由来の血小板と比較して増殖能が高く、サイトカイン分泌量が多いなど多くの利点を有します。 我々はその技術を応用して脂肪幹細胞由来作製血小板の腱付着部炎に対する効果を証明、実用化を目指しています。 研究代表者:鳥居暁子、山田唯一連絡先:yy.onlyone@gmail.com


業 績Achievements

ALL

すべて

International Presentation

国際発表

Domestic Presentation

国内発表

English Treatise

英語論文

Japanese Treatise

国内論文

Books

著書
2020-06
英語論文
Costal Osteochondral Autograft for Advanced Osteochondritis Dissecans of the Humeral Capitellum in Adolescent and Young Adult Athletes

Clinical Outcomes with a Mean Follow-up of 4.8 Years

Sato K,Iwamoto T,Matsumura N,Suzuki T,Nishiwaki Y,Oka Y,Nakamura T

2020-06
国際発表
The Availability of Stretching Exercise with Nordic Poles for Fall Prevention on Elderly People

The 22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, “Essen, Germany”, 2017. 7 e-poster

Tabata S, Fujita T, Hiroyama C, Shibuya Y, Koike H, Horisawa S, Matsumoto H

2020-06
著書
スポーツと脱水症状, 熱中症

臨牀と研究

95(8), 880-884: 2018

著者:世良泰, 東宏一郎, 松本秀男

2020-06
国内発表
妊娠前後の身体活動量が妊娠期の耐糖能に及ぼす影響について

第61回日本糖尿病学会年次学術集会

東京,2018.5 一般演題

発表者:田畑尚吾,東宏一郎,税所芳史,古谷正敬,宮越敬,渥美義仁,松本秀男

2020-06
国内発表
【国内発表】妊娠前後の身体活動量が妊娠期の耐糖能に及ぼす影響について

第61回日本糖尿病学会年次学術集会
東京,2018.5 一般演題
発表者:田畑尚吾,東宏一郎,税所芳史,古谷正敬,宮越敬,渥美義仁,松本秀男

2020-06
国際発表
The Availability of Stretching Exercise with Nordic Poles for Fall Prevention on Elderly People

The 22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, “Essen, Germany”, 2017. 7 e-poster

Tabata S, Fujita T, Hiroyama C, Shibuya Y, Koike H, Horisawa S, Matsumoto H

2020-06
国内発表
妊娠前後の身体活動量が妊娠期の耐糖能に及ぼす影響について

第61回日本糖尿病学会年次学術集会

東京,2018.5 一般演題

発表者:田畑尚吾,東宏一郎,税所芳史,古谷正敬,宮越敬,渥美義仁,松本秀男

2020-06
国内発表
【国内発表】妊娠前後の身体活動量が妊娠期の耐糖能に及ぼす影響について

第61回日本糖尿病学会年次学術集会
東京,2018.5 一般演題
発表者:田畑尚吾,東宏一郎,税所芳史,古谷正敬,宮越敬,渥美義仁,松本秀男

2020-06
国内発表
【国内発表】家族問題とイップスを主訴に受診したターゲットパニックの一症例

第16回日本スポーツ精神医学会

東京, 2018.9 一般演題

発表者:山口達也,三村將,松本秀男

関連資料

2020-06
国内発表
【国内発表】高校ラグビー部員における睡眠に関する現状報告

第29回臨床スポーツ医学会

札幌, 2018.11 一般演題

発表者:山田唯一, 木村豪志, 武田健太郎, 武藤智則, 野澤清志, 大熊一成

関連資料

2020-06
国内発表
【国内発表】センター内で連携し競技復帰した重症オーバートレーニング症候群の一例

第29回日本臨床スポーツ医学会
北海道, 2018. 11 一般演題
発表者:山口達也,田渕肇,東宏一郎,松本秀男

2020-06
英語論文
Costal Osteochondral Autograft for Advanced Osteochondritis Dissecans of the Humeral Capitellum in Adolescent and Young Adult Athletes

Clinical Outcomes with a Mean Follow-up of 4.8 Years

Sato K,Iwamoto T,Matsumura N,Suzuki T,Nishiwaki Y,Oka Y,Nakamura T

2020-06
英語論文
Accuracy of Basal Metabolic Rate estimated by Predictive Equations in Japanese Type 2 Diabetic Patients

Asia Pac J Clin Nutr. 2018;27(4):763-769.

Tabata S, Kinoshita N, Yamada S, Matsumoto H

関連資料

2020-06
英語論文
Costal Osteochondral Autograft for Advanced Osteochondritis Dissecans of the Humeral Capitellum in Adolescent and Young Adult Athletes

Clinical Outcomes with a Mean Follow-up of 4.8 Years

Sato K,Iwamoto T,Matsumura N,Suzuki T,Nishiwaki Y,Oka Y,Nakamura T

関連資料

2020-06
著書
スポーツと脱水症状, 熱中症

臨牀と研究

95(8), 880-884: 2018

著者:世良泰, 東宏一郎, 松本秀男

2020-06
著書
【著書】肉離れの新しい治療

臨床整形外科

53(11), 1010-1013: 2018

著者:世良泰, 松本秀男

関連資料

2020-06
著書
【著書】スポーツと脱水症状, 熱中症

臨牀と研究

95(8), 880-884: 2018

著者:世良泰, 東宏一郎, 松本秀男

関連資料

2020-06
著書
【著書】【スポーツ栄養の最新エビデンスと実践】

スポーツサプリメントの現状(解説/特集)臨床栄養134(2)

200-207, 201

著者:田畑尚吾, 真鍋知宏, 山澤文裕

関連資料

2020-06
著書
【著書】【帯同に必要なスポーツ医学の知識】 帯同現場での実際の対応

スポーツ中の熱中症の予防と対応(解説/特集);臨床スポーツ医学 35(2)

194-200, 2018

著者:田畑尚吾, 山澤文裕

関連資料